就活room tugumiは滋賀県を中心に活動をされている中小企業の良さを学生の皆様にお伝えし、地域で活躍できる人材を育てるつつ、新卒生に起こる会社とのミスマッチを回避しよりよい就労活動を支援する活動をしています。

就活room tugumi

過去のイベント

【参加者募集中!!】★9/6(金)開催★はたらくのつくりかたVol.2

更新日:

日時
開催日 /2019/09/06
時 間 /6:00 PM - 9:00 PM

開催場所
mumokuteki hall


はやくも第2弾開催決定!!

7月に第1弾開催の「はたらくのつくりかた」。
それぞれが自分なりにはたらくことを考え、オリジナルの就活を創っていくシリーズ企画の第2弾が早くも開催決定!!

 

就活はどうせ楽しくない

「就活」
それはウキウキして楽しいもの!!
早く就活始めたい!
就活中だけど、めっちゃ楽しい!

そう思う学生さんいらっしゃいますか?

おそらくそれはごく少数派。
大多数の学生は、
就活しんどい・・・
早く決まって終わりにしたい・・・
内定もらえない、自分ってダメなのかな・・・
そんな風に感じているようです。

だからこそ、ここに集いましょう!
おもしろき事なきシューカツをおもしろく!
新しい就活のかたち。

参加学生の91%が「次回も参加したい」と回答!!

第1弾は、定員オーバーの満員御礼で開催しました。
アイスブレイクに始まり、メインはフリートーク。
さらにただの交流会では終わらない。
次のステップまでフォローします。

例えば「全然知りもしなかったA社だけど、話した人が面白かったからどんな会社か見に行ってみたい」とリクエストがあれば、
A社にtugumiからお声掛けして会社見学のセッティングをします。

第1弾でも、インターンシップや会社見学、中には「この人からもっと仕事の話聞きたい!」など多数のリクエストをいただき、ただいま絶賛セッティング中!!

 

滋賀・京都の会社で働く大人たちに問うてみる!

このイベントはとてもカジュアルなスタイル。
企業も学生も全員私服です。
話をしたい企業へのお声掛けはスタッフがサポートします。
会社の仕事内容ややりがいなど就活に直結したテーマはもちろん、人生の紆余曲折を問うてみるのもよし、学生時代の話を問うてみるのもよし。
ただシンプルに、世の中の大人たちに素朴な質問をぶつけてみてください。
世の中は知らないことばかり。
知らないことは恥じゃない。
ぜひ知らないことをちょこっと知って、自分の世界を広げてください

 

さらにちょっとイイ話

第1弾と同様、参加企業の大人たちと話をしてみて

「この人の会社見てみたい!」
「もっといろいろ聞いてみたい!」
「同じ会社で働く違う部署の人の話も聞きたい!」

などなどがあったなら、tugumiが橋渡しをします。
橋渡しの形も特に決まってません。
インターンシップでも見学でも、tugumiのスペースで一緒にお茶やごはんすることだってOK。
就活スタートのドアを自分で選んで開けたいな…を実現するためにサポートします。
パーソナルに小さな入口から…そんな就活があってもいいでしょ!

・・・それでも参加を悩むあなた!
どんなイベントなのか雰囲気や学生の声を1分間の動画にしてみました!
YouTubeにアップしましたので、こちらからご覧ください。

 

【参加企業発表!!】

〈京都〉

  • “京都流”のはたらき方をデザインし、「京都流議定書」に取り組み、はたらくを彩る
    株式会社ウエダ本社 

 

 

 

 

 

〈滋賀〉

  • 愛する琵琶湖のほとりに、愛する滋賀に「人と自然が調和する未来」をデザインする
    株式会社澤村

 

 

 

 

 

  • 琵琶湖が一望でき、大正浪漫の燻る「びわ湖花街道」を運営する
    国華荘

 

 

参加費無料!
ドリンク無料!
入退場自由!
私服OK!(むしろ私服で来て)

【対象】大学生・短大生(学年不問)
【会場】mumokuteki hall  (京都市中京区式部町261ヒューマンフォーラムビル 3F)
 URL:https://goo.gl/maps/2QE1XvdxyKeKoQ2k8

☆1Fはお洋服と雑貨のお店、2Fはカフェになっていて、会場は3Fになります。

学生のお申込は下のフォームから。
コメント欄に学校名・学部・学年をご記入ください。

参加予約はこちら

 

現在、予約受付期間ではありません。

-過去のイベント

Copyright © 2019. 就活room tugumi All Rights Reserved.

Copyright© 就活room tugumi , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.