参加募集中のイベント

〈参加者募集中!〉☆2月19日(土)開催!!☆はたらくダイアログ#9「ガラスの地球を救え~上辺だけのSDGsからの脱却~」

更新日:

日時
開催日 /2022/02/19
時 間 /1:30 PM - 6:00 PM

開催場所
就活room tugumi


はたらくダイアログとは?

社会課題の解決に向けて取り組む大人の方々との「対話(ダイアログ)」を通して、学生等が「はたらく」の意味を見つめ直し、自らの「生き方」や「あり方」を模索するイベントです。

第9回となる今回は2月19日(土)13:30~から開始します。

タイトルは「ガラスの地球を救え~上辺だけのSDGsからの脱却~」で、ゲストスピーカーには足立直樹氏(㈱レスポンスアビリティ 代表取締役)をお招きします。

上辺だけの「良いこと」が誰かの「涙」になっている

温暖化対策のために私たちは疑うこともなく、エコバッグやマイボトルを買い、LED照明に切換え、ハイブリッドカーに買い換えた。
結果、大量生産・大量消費を下支えした。

自分の手で、将来の自分の首を絞めてしまった。

大人は「都合の悪い事実」を見て見ぬ振りをし正当性を主張した。その代償を子どもたちに押しつけた。
教育者もなんら疑うこともせず、それが正しいと子どもたちに伝えた。

もう時間が無い。
ガラスの地球を救え

【概要】
日時:2022年2月19日(土)13:30~16:00(懇親会は16:15~18:00予定)
会場:就活room tugumi (滋賀県大津市瀬田2-2-3 JR石山駅より徒歩15分、京阪「唐橋前」駅より徒歩5分)
テーマ:「ガラスの地球を救え~上辺だけのSDGsからの脱却~」
ゲストスピーカー:足立直樹氏(㈱レスポンスアビリティ 代表取締役)
参加費:学生:無料、tugumiOB生:1,000円、協賛企業:無料(2名まで)、一般:5,000円
定員:30名(学生20名、その他10名 ※学生優先)

参加申込み開始 学生:1月8日(土)11:00~、tugumiOB生・協賛企業:1月10日(月)10:00~、一般:1月17日(月)10:00~

※懇親会費は参加費に含まれています。学生の学びを大人が支える考えで開催しています。ご理解ください。
※本イベントは新型コロナウイルス感染症対策を行った上で開催します。

【ゲストスピーカー紹介】

 

足立直樹氏(㈱レスポンスアビリティ 代表取締役)

【Profile】東京大学卒、院修了、博士(理学)。元生態学者。国立環境研究所、マレーシア森林研究所(FRIM)を経て2006年に独立。30年以上、多くの先進企業に「真に持続可能な企業になるため」のコンサルティングを行う。特に企業による生物多様性の保全とCSR調達を専門とし、アジアにおけるCSRの推進にも力を入れている。企業と生物多様性イニシアティブ(JBIB)事務局長、環境省 経済社会における生物多様性の保全等の促進に関する検討会 委員、など多方面で活躍中。

【主要著作】
「もう空気は読まなくていい~ポスト3・11を生き抜くために~」〔2011年〕
「企業のための生態系評価(CEV)ガイド 日本語版」〔2011年〕(監訳)
「生物多様性経営 持続可能な資源戦略」〔2010年〕
「企業が取り組む「生物多様性」入門」〔2010年〕(監修)
「2025年 あなたの欲望が地球を滅ぼす」〔2010年〕
「たべものがたり―食と環境7の話」〔2009年〕(共著)
「企業のための生態系サービス評価(ESR)日本語版」〔2008年〕(監訳)
「みずものがたり―水をめぐる7の話」〔2008年〕(共著)
「いきものがたり 生物多様性11の話」〔2007年〕(共著)
「金融CSR総覧:生物多様性・生態系の保全とCSR」〔2007年〕(共著)
「ゆとりある国・日本のつくり方-ストック型社会転換マニュアル」〔2006年〕(共著)
「グローバルCSR調達」〔2006年〕(共著)
「生物多様性と企業経営(サステイナブルマネジメント第6巻第1号)」〔2004年〕(共著)
「環境プレイヤーズ・ハンドブック2005」〔2004年〕(共著)

参加予約はこちら

 

チケットの種類 金額 席数
学生チケット ¥0
協賛企業参加チケット(1社2名まで) ¥0
tugumiOB生 ¥1,000
一般チケット ¥5,000


-参加募集中のイベント

Copyright © 2022. 就活room tugumi All Rights Reserved.

Copyright© 就活room tugumi , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.