就活room tugumiは滋賀県を中心に活動をされている中小企業の良さを学生の皆様にお伝えし、地域で活躍できる人材を育てるつつ、新卒生に起こる会社とのミスマッチを回避しよりよい就労活動を支援する活動をしています。

就活room tugumi

お知らせ, イベント開催レポート

【イベント報告】学生×企業交流会「水曜日の会『銭湯って儲かるの?』」

投稿日:

2019年10月2日(水)18:00~20:30まで、学生×企業交流会「水曜日の会」を開催しました。

まず、オープニングトークが始まる前に、みんなで「おにぎり」を握りました。その「おにぎり」と「お味噌汁」と「おかず」を食べながら、和気藹々と水曜日の会が始まりました。

(なんと初めておにぎりを握る学生がw)

今回のオープニングトークは、大津と京都で銭湯を4店舗経営されている #銭湯活動家 #湊 三次郎 さんをお招きし、「銭湯って儲かるの?」のテーマで質問にお答え頂くかたちで進めました。

もともとはアパレル関係の仕事に就職しましたが、わずか10ヶ月で退職しました。そして、その後銭湯活動家として活動をするのですが、そもそもなぜ「温泉」や「スーパー銭湯」ではなく、「銭湯」だったのか。
活動の原点は高校時代に初めて入った銭湯の衝撃からでした。「日本から銭湯を消さない」ための様々な体験や苦労、そして収益などについてもお話頂きました。

就活room tugumiで #橋本淳司 さんをお招きして「水問題」に関する現状や影響等についても学びましたが、その水問題が銭湯にもなんと押し寄せていました。

その後、なんと参加者で「 #容輝湯 」さんに実際に行ってきました。

またなんと窯場までみせていただいて。。。。

むろん薪は廃材のものです。

まるでラ○ュタの世界w

最後はみんなでパシャ。

容輝湯さん https://twitter.com/youkiyu_1126?lang=ja

「銭湯」にこだわる理由。私個人の私感ですが、おそらく「コミュニティ」の再構築だと思いました。それは近場の方がその日の疲れや汚れを落とすと同時に、近隣の方とツナガル場が銭湯だったのだと思います。湊さんのお話を伺い、様々なコミュニティのカタチ、顔と顔の見える関係性がそこにはあったのだと思いました。

-お知らせ, イベント開催レポート

Copyright © 2019. 就活room tugumi All Rights Reserved.

Copyright© 就活room tugumi , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.